通販のクーリングオフ

通販では対象外となります


トップ

通販とクーリングオフ制度

クーリングオフとは、商品購入後8日までなら契約を解除して返品ができるという制度ですが、通販には、電話勧誘の場合を除き適用されません。これは、購入意思決定に際し、熟慮する猶予があり、不意打ち的な売買ではないため保護の必要性がないと考えられているからです。しかし、現物を見て購入するわけではないので、実際に送られてきた商品は、写真とかなり差異があるということもあります。そこで、どうしても返品したいという場合は、業者と交渉することも考えられます。また、通販の販売者には、返品特約の記載が義務付けられていますので、この特約が記載されていない場合には、返品することも可能です。

クーリングオフについて

クーリングオフは、通販に関しては、対象外です。クーリングオフは、商品等の売買契約をした後に一旦冷静になって、「本当に必要な買い物だったのか」と消費者に考え直す時間を与え、その期間なら無条件で契約を無効にできるという制度のことです。クーリングオフできる取引は、電話勧誘や訪問販売などの不意打ちを受けた販売方法や、エステサロン、語学教室、学習塾、家庭教師、パソコン教室、結婚相手紹介サービスなど長時間の勧誘を受けるものなどに対してです。通販が対象外なのは、消費者が実際に商品を見ないで購入することを納得した上での契約だからです。

Tokyo2020Countdown

もっと情報一覧